· 

日本人はどこから来たの?

日本語の起源を調べていたら、

解明されていないという事で、それじゃ、日本人の起源についても調べてみて、数ある仮設に自分なりの見解を持とうと思いました。

 

DNA研究の進化で僕らが、学んできた人類進化の教育は間違いだった事が明らかになった。

僕らが学んだ頃は

およそ700万年前に誕生した猿人が100万年以上前に、アフリカから各地に広がり、多様化し集団となり、その地域の民族の祖先となったという 「他地域進化説」が主流で、東アジアの祖先は「北京原人」アボリジニは「ジャワ原人」ヨーロッパは「ネアンデルタール人」といった具合に、地域に広まった後で、それぞれ進化していったと信じられていた。

現在では「アフリカ起源説」が定説であり、

「アフリカに誕生した原人」が各地域に広がった。その一部は「旧人」に進化したが、その後、絶滅した。生き残ったのは「アフリカに留まっていた集団で旧人→新人「ホモサピエンス」へと進化し世界へ広まった。

「世界の人々は皆、アフリカでおよそ20万年前に誕生したホモサピエンスの子孫」が5万年~10万年前に世界へ拡散して行ったという事になる。

注)DNA研究が進み ネアンデルタール人のDNAが我々の遺伝子情報に受け継がれている事がわかっている。これはネアンデルタール人が絶滅する前にアフリカから移動を始めたホモサピエンスと出会い混血が産まれた事を物語っている。

では、東アジアで東端に位置する日本列島には、いつ頃、到着したのだろうか?

列島には、およそ4万年前からヒトが住んでいた事が、石器の記録からわかっています。

  【日本列島のおおよその年代】

40000年前~16000年前 旧石器時代

16000年前~  3000年前      縄文時代

  3000年前~  1700年前      弥生時代

ヒトのY染色体(男系に受け継がれる)と、ミトコンドリアDNA(女系に受け継がれる)を解明する事で「アダムとイブ」に行き当たるという。この研究が進むにつれてアフリカで誕生した人類の広がり方、日本列島に行き着く様が解明されつつあります。

Y染色体に、日本人の起源を紐解く重要な鍵が見つかった。

「D1b」が「縄文系」

「O2b」が「弥生系」と考えられる。

ハプログループD系統は、モンゴロイド(黄色人種)形成において最古層の系統であり、現アジアで支配的なO系統やC2系統とは、分岐からおおよそ7万年経ており、 非常に古く孤立的な系統と言えます。


D系統の旅路を紐解くと

およそ6万年前アフリカ北東部で黒人種(E系統)と分化した最古のモンゴロイドは

イラン→アルタイ山脈→東アジアへと移動した。

およそ4万年前チベット系(D1a)と分岐し、35000年前頃に氷河を超えて当時は陸続きだった日本列島へ北方ルートで到達したと考えられるのです。

その後のユーラシア大陸では後続のO系統・C2系統が勢力を広げ、D系統はチベットの高地を残し駆逐されてしまいます。(チベット・日本・朝鮮半島少数(日本から移り住んだ?)

およそ16000年前、第三氷河期の終わりに伴い海面上昇、日本列島は日本海を挟んで大陸と分離します。結果、ほとんど農耕をせず採集・狩猟に頼ったD1a系統は定住へと生活様式がかわり、駆逐されること無く、縄文という高度な文化の担い手となるのです。

もう一つの固有遺伝子C1a1も

縄文時代の住人と考えられています。C1a1の親戚のC1a2は現代でもヨーロッパに極めて、少数存在し、同時にスペインの7000年前の人骨からも発見されています。

そこから、C1a系統は6万年前にアフリカ出を果たした 初期のクロマニョン人の系統ではないか?とも言われているのです。

その後、およそ5万年前にC1a1は東へ ,C1a2は西へ別れたのです。列島への足取りは謎ですが、遠い親戚のC1b2は、5万年前にオーストラリア大陸に到達している海洋狩猟民族であり、C1a1もまた海岸づたいに南方より、45000年前 最も、早く日本列島に辿り着いた「海の民」ではないのか?と言われているのです。

ここまで見たように、日本人の祖先(縄文人)は中国・台湾・朝鮮の人々の祖先とは全く違う系統である事が明確になっています。

「古代イスラエル人と日本人の祖先は一緒である」という「日ユ同祖論」は事あるごとにオカルト的に騒がれてきましたが、遺伝子分析の観点からも面白い事実が見つかったりしています。・・・余裕があったら後ほど・・・

さて、ここから他のアジアの人との結びつきが始まります。

長江文明の衰退と春秋戦国時代(BC770~)

の戦乱によって、中国南方系の人々「初期弥生人・新モンゴロイド・O2b系統」が

紀元前10世紀頃からポツリポツリと日本列島に渡って来るようになります。

彼らが初期弥生人と考えられ農耕・稲作の

文化をもたらし、先住民の縄文人との共存

を始めます。

更に、紀元前2世紀以降、秦の統一前後の戦乱と漢末から三国時代にかけての戦乱を逃れて後発の後期弥生人「その他O系統?」

が大陸を渡ってきました。彼らは戦闘集団で九州や山陰、出雲などに王朝を築きます。

彼らが大陸の戦乱を列島に持ち込んだのです。

ここからは神話に近い伝承と符合させてのお話です。

その後、起源150~200年頃、後漢の時代に

再度、O系統?の集団渡来があります。

後発の彼らは、先発勢力圏を避けて、九州

南部などに新たな拠点を築きます。

そうした新参勢力に「邇邇芸命(二ニギノミコト)」に率いられた一派(天孫氏)があったと考えられます。彼らは宮崎県辺りに落着き、土着の豪族と手を組みます。

注)九州は一様に縄文系DNAの割合が低いが宮崎県付近は唯一D1b系統の割合が高い

 

つまり邇邇芸命が南九州縄文人のリーダー

大山祗神(オオヤマズミノカミ)の娘である木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)との婚姻による同盟を結ぶという事です。

こうして天孫氏は、縄文人勢力と血を分けた一つの部族になる事で日向の地に急速に勢力を拡大させていきます。

2人の子である海幸彦と山幸彦の兄弟は縄文人の母と弥生人のハーフという事になります。

山幸彦は琉球(縄文系)のリーダー綿津見神(ワダツミノカミ・海神・竜宮神)の娘である豊玉姫と婚姻関係を結びました。

そして、海洋族の力を手にした山幸彦は、九州縄文系山地民の王に君臨する兄に戦いを挑み、これを破ります。琉球縄文勢力と九州縄文勢力「熊襲(クマソ)」を統合する強大な王となったのです。山幸彦と豊玉姫の子が豊玉姫の妹と婚姻関係を結び、四人の男の子を産みます。この四人の子が、三世紀初めに南九州から近畿地方へ攻めあがるのです。

四兄弟の中で近畿制覇の戦いに勝ち残り、「近畿王朝(大和国家)」の礎を築いたのが末っ子の「初代:神武天皇」です。

ここからおおよそ一八〇〇年に渡る天皇家の系譜が始まります。考えてみましょう!

神武天皇の血統は7/8を縄文系が占めています。つまり天皇家は縄文人という事です。

この血統は古代から近代まで続き皇室のDNAにはずっと「D1b系統」が存在していて、 

縄文系が濃く残った事が証明されています。

【日本人のミトコンドリアDNA(女系)の分布】

Hg                 %    起源

D4/D5/D6                40%弱       35000年前    中国大陸中部で誕生

B4/B5                 13%強       40000年前    中国大陸南部で誕生

M7a/M7b/M7c       12%強       40000年前                 スンダランド(黄海付近)

A                                6.85%        30000年前                 バイカル湖周辺

G                                6.86%        30000年前                 シベリア高原

F                                 6.24%        40000年前                 東南アジア

N9a/N9b                   6.7%                                              中国広東省付近

M8a                           1.22%                                            北方民族

 

 

ミトコンドリアDNAの研究により世界の人類はおよそ35人の母親の子孫とされています。

日本人の95%はそのうちの9人が起源と言われているのです。

つまり、その他の血脈は途中で途絶えてしまい、遺伝子は後世に受け継がれていないという事です。また、ミトコンドリアDNA(女系)とY染色体(男系)のデータを比較すると、淘汰の歴史、征服の歴史により、Y染色体(男系)には時代や地域で極端な分布の違いがみられます。日本列島においても、先住民族(縄文人)が、渡来人(弥生人)に征服されたと、信じられた時代もありましたが、最先端のDNA研究結果では、征服というよりは融合といえるような、非常に穏やかな混血であった事が伺えるのです。

日本列島において、太古の血脈が途絶える事無く、脈々と受け継がれるという事は、その文化も継承されているという事であり、「和語(やまとことば)」の痕跡が他にみつからず、日本列島のみに伝承される「孤独な言語」と言われる事も、かえって納得のいく結果なのです。

【日ユ同祖論】

日本人の40%に確認される太古のY遺伝子D系統が実は古代ユダヤ人につながる血統であり、遺伝子にみられる突然変異(YAP遺伝子)も双方に確認される特殊な痕跡として、最新科学が裏付けとなる新たな根拠が加わり、日ユ同祖論が再燃しているというのです。

 

ユダヤ人は白人系(アシュケナージ)と有色系(スファラディー)によって構成されています。BC1021年 ダビデの時代にエルサレムを首都にイスラエル王国を建国、ソロモンの時代に繁栄を極めましたが、ソロモンの死後に部族間抗争により北と南に分裂します。 その後、北王国(イスラエル王国)はアッシリアに滅ぼされ、10支族は離散します。南王国(ユダ王国)はバビロニア王国の属国となり、多くは奴隷としてバビロニアに送られてます(バビロン捕囚)その後、宗主国がペルシャ・マケドニア・シリア・共和制ローマと移り変わり、ネロ帝の時代のユダヤ属州反乱へとつながります。武力鎮圧されて、神殿は破壊されてイスラエルという名も奪われ、(古代イスラエル人の敵であったペリシテ人に由来するパレスチナという地名があえて復活された)厳しい迫害を受けた民はユダヤ教徒という宗教的な結束は保ちつつも、民族的集団を持たず各地へ離散定着していきました。

ユダヤ12支族のうち10支族が紀元前8世紀に忽然と姿を消します。

これが今もミステリーとして語り継がれています。

イスラエルには「アミシャーブ」という民族の行方を調査する機関が今も存在して、彼らは弥生時代末期に数万人の規模で日本列島に渡来したとされる「秦氏こそ10支族の末裔である」と考え、調査をしているというのです。「アミシャーブ」の研究により、12支族の血統が明らかにされ、2支族のY染色体にD系統にみられるYAP遺伝子が、確認されたとのことです。 その他神道とユダヤ教や、ヘブライ語とやまとことばの類似点を根拠に、今も強く語られる太古の謎です。

「秦氏」とは

日本書紀などの文献にも、多くの記述が残る帰化人集団で、秦の始皇帝の子孫と言われ、弓月国の王の一族とされています。

応神天皇の時代に渡来し雄略天皇の時代には大勢力になっており聖徳太子のブレーンであっただとか、平城京を造っただとか、その後の日本史に度々、登場する一族です。

太古にアフリカで生まれた人類が、東の果て日本に辿り着いたように、戦乱により、国を追われたイスラエル民が日本に辿り着いたのは、自然な事のように思う。重要な事は、「滅びる事も、滅ぼす事も無く、脈々と受け継がれる」という、日本固有といって良いであろう継承文化の歴史。誇るべきは、そうした先人の知恵ではないのか?

先の敗戦による占領により、GHQによって意図的に操作され破壊された「古来からの文化継承の形」 これは簡単に再生出来るような代物ではない。

ご承知の通り、アメリカ大陸を西欧人が発見(1498年)し征服したのは17世紀半ばであるが、たった200年余りで、それまであった文明を根絶させ、その上に自分達の文明を築いた事になる。正に征服者の歴史である。これも周知の事実だが奴隷船で2000万人の黒人種がアフリカ大陸より強制的にアメリカ大陸に運ばれた。奴隷貿易が法律上廃止されたのが1807年~1815年であり、日本では江戸時代が200年間続き「太平の世」であった。

それから130年後に日本列島は彼ら西欧諸国により破壊された。民族が根絶やしにされる危険すらあった。あれから74年、洗脳の呪縛から逃れる事が出来ず、いにしえの教えを受け継ぐ事を忘れた日本人。戦後の焼け野原の上に建った2DKの団地はいったいどこの誰の文化なのか?「滅びる事も、滅ぼす事も無く、脈々と受け継がれる」継承文化の歴史は、形を変えた征服者によって滅びようとしているのではないのか?

血脈とは面白い、「日本人はどこから来たのか?」を見てきたがある程度、自分なりの見解がまとまったのではないか・・・

 

神武天皇のくだりは一部 話題にしたが、興味の湧く題材だ。

次は「天皇」について調べてみようと思う。

 

過去の記事紹介:

 「戦前の【昭和】について」

 「占領について」

 「世代の話し」

 

 「人口問題」

 「人口問題2」

 

戻る