2020年6月1日 

Fujisawa Quality のRenovation Work を始めた。

 

2020年7月1日 

サイトスタートから2年が経過しようとしている。

ようやく「器」のイメージが湧いた気がしたので

それに向けて「創作」をはじめる。

完成目標は9月16日です。

Fujisawa  Quality 

突然、社会的弱者に身を落として…

最下層からの眺めは全ての感覚を変えた。

 

奈落の闇は主観だけが身を支える頼りであり 己の信じた正義に照らして進むしかない。

そうやって身についた主体的な見解はピュアでわかった顔の無責任な妥協を知らない。

 

今更ながらこの身に芽生えた感覚で世の様々を見聞し積極的に意見して行こうと思う。

 

「変革」又は「伝承」 いずれにしても

最初は素朴な「主張」から始まる。 


BACK NUMBER

2020年7月1日 2020年9月のFujisawa Quality リニューアルに向け「紹介」ページを一新しますがここに一部軌跡を残します。


あたまキレ 復帰目指すも道険し そなえなしの めいわく人生!

2018年9月 『脳出血』発症

2018年12月 退院 療養生活に入る。 

2019年1月1日『平成31年元旦』 Fujisawa Quality スタート

2019年5月1日『令和元年』Fujisawa Qualityリニューアル

2019年9月~『倒れて1周年』Fujisawa Qualityリニューアル


生活が一変した。それまでの ほぼ全てのものを失わざるを得なかった。

時限爆弾が頭の中で破裂して、ついには どうにもならなくなったのだ。

それでも命は残っているから だから 前に進まねばならない。

さいしょは記録の為に始めた。

何か拠り所みたいなものが必要にも感じた。

実際、問題だらけの現実から目を背ける

良い機会になっているのかもしれない。

 

なるべく有意義な情報を発信して行きたい。

そしてできる事ならリアルな空間をつくり

Fujisawa Quality【F,Q】の活動をして行きたい。

それが今の願いである。


F,Q sympathy 『 Space One』

 Fujisawa Quality

【テーマ】

『昭和』を『令和』に再現しましょう。

コンセプトは「共有・共感」です。

 

『人との結びつき』の日常

これこそが最も尊い社会行動です。

「共有・共感」が自然に生まれて

社会を動かす人間力へ成長します。

 

特別な事では無くてあたりまえにおきる

ふれあいの機会がたいせつなのです。

 

Fujisawa Quality 活動の拠点となる場所『スペース』を探しています。

『スペース』とは

ターゲットを明確に持ってコンセプト情報を発信する『お店』のようなものをイメージしています。 あつまる人の『ふれあい』や『結びつき』がスタートなので 本来ならば、リアルな空間がよいのですが場所がありません。

営利目的でもないので『NPO』のようなものかもしれませんが、ウインドウを覗いて興味や好奇心が沸いたら『お店』に入るような自然で手作り感覚の取組みがいいと思います。『空き家』が私の住処の周りにも沢山あります。これからは『空きスペース』だらけの、世の中です そんな場所が『ふれあい・共感』の空間となり、生まれ変わるのなら素晴らしくありませんか? ふじさわ市 行政は 空き家の有効利用について他より積極的ですから働きかけてみようとは思いますが、おそらくは何の実績も無い試みに耳を傾ける程のバイタリティーは望めないでしょう。

そこで まずはインターネット上でコンセプトや 情報を発信して、活動の輪を広げて行けたら良いなと思います。「共有・共感」していただける方は

是非サポーター登録をお願いいたします。

 

また活動にご賛同いただき『スペース』の提供に

ご理解とご興味をいただける方は、お気軽にお問い合わせください。

ありのままの「姿」をみて いただき納得できるようでしたらば

『スペース・ワン』を一緒につくりましょう!

                      2019年4月30日 平成最後の日


F,Q Supporters

F,Q Supportersへ登録をお願いします

今のところ何のメリットもありませんが、デメリットもとくにありませんので、活動が良いねと思う方は登録をお願いします。

 

BACK NUMBER

改変によりこちらの新規登録は無くなりましたのでご了承ください。2020年7月1日

 サポーター活動記録ページです。