【シルクスクリーンについて】

シルクスクリーンプリント技法は、

1色ごとに「版」を作成して重ね刷りする技法です。

 

オーソドックスな技法ゆえに表情も豊かで

インクの種類や刷り技術によっても出来や

風合いが変わります。

 

今でも人の手による加工が中心な所も多く

「匠」によるプリント技法とも言えます。

シルクスクリーン「版」のメッシュ部分からインクを押出し印刷物に刷り込みます。

色ごとに「刷り込み」→「乾燥」を繰り返して完成させます。

 

「版」は手入れをキチンとすれば基本は、再利用が可能です。

どこのプリント屋さんでも1年程度は保管してくれるはずです。


【ラバープリント】

インクの種類によっても表情は様々ですが、画像のように、印刷物の上にインクが乗る形が、最もスタンダードです。


【染込みプリント】

ボディーに染込んだ感じの仕上り、ビンテージ風のイメージに合う。

 


【発泡プリント】

インクに発泡剤を混ぜて

熱乾燥時に膨らませる

 


【フロッキープリント】

最初に「版」で樹脂糊をプリントしてからパイルを熱圧着(植毛)する 技法。

 

 

熱圧着させるものには、ラメシートなどバリエーションがあり、表情が大きく変わります。